2011年01月 のアーカイブ

2011年1月31日 2時19分32秒 (Mon)

「格」という考え方・・・

ウチの師匠の頃までは、「神殺」と「十二運」と「通変」で、
命式のほとんどを解釈していました(笑) 五行の強弱や関
係、「吉」と「忌」の見極めなんかは、ほとんど考慮されて
いなかったと思います。。。

なぜかというと・・・その頃は、あまりにも資料が少な過ぎ
たんだと思うのです。 まだネットなんて広まっていなかっ
た時代ですし、田舎ですから、書店も無く、ましてや専門書
なんて、なかなか情報さえ入って来なかった時代でしたから
ねぇ。。。

ですから当時は、現在主流となっている鑑定方法は、一部の
流派の一部の鑑定者しか行なっていなかったはずです。

今では、ネットの普及によって、五行と「吉」と「忌」の見極
めこそが、四柱推命の真髄として、四柱推命をそんなに知らな
い人にまで、広く一般に知れ渡りつつありますね。 そういう
意味では、インターネットというものには、凄まじい力がある
と思います。 昔であれば、専門書にさえ、この考え方、方法
論は、書かれていませんでした・・・今でも、詳しく書かれて
いる本は、市販されていないんじゃないかと思います。 ネッ
トの力によって、今まで大金を積まないと教えてもらえなかっ
たような考え方や方法論が、タダですんなり手に入るのですか
ら・・・怖いですねぇ。。。(笑) まぁ、その分、ガセも多
いような気もするのですが(苦笑)

現在は、流派を問わず、命式を「格付け」して、その「格」に
対する、「吉神」と「忌神」を見極めていく方法が、主流なん
じゃないかなと思います。 「格付け」というのは、その命式
の中心五行を決めて、内格や外格といった命式のパターンを判断
していく考え方です。 この考え方であれば、すんなり「吉」と
「忌」を決められるし、方法論として、ほぼマニュアル化され
ているので、余計なことを考えなくて済むという、鑑定者にとっ
ては、とっても便利なものなんですね(笑)

ただこの考え方・・・ほんとに中国の物の考え方でしょうか??
こんなこと言うと、また全国の占い師を敵に回してしまいそう
なのですが・・・とても日本人的な物の考え方だなぁと、ウチ
は、個人的に思うんです(笑) 

中国の思想の根本は、陰陽五行論ですよね・・・森羅万象は、
五行の陰陽で全て表現できるとし、その思想を人間の運命にも
当てはめたものが、四柱推命です・・・この考え方は、なんて
いうんですかねぇ・・・理論というよりも、芸術的な発想だなぁ、
いかにも中国的だなぁと思うのです・・・表現も詩的ですし、占い
を芸術的に表現してるなぁと思うのです。

反対に、「格付け」の考え方ですが・・・コレは、非常に学説的
であり、明らかに現代人にマッチさせたようなマニュアルであり、
そこには、異論を挟ませる余裕さえありません・・・「この格な
んだから、吉神と忌神はコレで決まっています!」といった、ほ
んとに、学校の教科書的な物の考え方なワケです。 英語の文法
を教科書通りに覚えさせられているといった感じでしょうか(笑)
そこには、中国の大自然を基にした、雄大な発想が微塵も感じら
れないですねぇ。。。 しかも、五行重視の考え方なのに、なぜ
か「格付け」の名前には、「通変」が使われていたりと、おかし
な部分もあります。。。 まぁ、「通変」なんて、その命式の五
行を「通変」に置き換えているだけなので、同じといえば同じな
のですが・・・だったら、「甲格」とか「癸格」とか、そんな呼
び名でいいと思うんですが・・・(笑)

ウチは、この「格付け」が間違っているとは思いません・・・こ
のマニュアル通りに鑑定すれば、「吉」と「忌」の見極めは楽で
すし、間違えることもほとんど無いといっていいと思っています。
ただあまりにも学説的で、「理論」として確立させようという意志
が、そこには感じられるのです・・・ウチは、何度も言っているよ
うに、四柱推命が奥深いのは、もともとのその中国の思想が、曖昧
だから奥深いと思っているワケで・・・こんなにマニュアル化して
しまうと、陰陽五行論の芸術的思想が台無しじゃないかと感じてい
るワケです。。。 この「格付け」の考え方・・・いつ発案された
のか、ウチには見当もつきませんが・・・せっかく壮大な思想の
下にあって、あらゆる想像ができる余裕があったところに、あまり
にもロボット化されたような感じがして・・・ウチ個人からすれば、
もったいないとしか言いようが無いです(笑) んじゃ、お前の理
論を示せと言われると、何も言えませんが(笑) ウチが言いたい
のは、「格付け」の批判ではなくて・・・あんまりマニュアル化は
ヤだなぁ〜ということだけです(笑)

ここまでマニュアル化されてしまうと・・・ネットでの無料鑑定で
も「あなたは・・・〜格です」とすぐ知ることが出来て、結構正し
い鑑定結果が普通に出せる日も近いんじゃないかと思います。。。
それもそれで・・・ヤだなぁ。。。(笑)

まぁ、かく言うウチも、この「格付け」の考え方は、鑑定の際には
多少なりとも使いますが・・・ウチは、重視していません。。。
ウチは、とりあえずの目安くらいにしか思っていません。 ウチは、
あまりマニュアルに捉われず、もっと根本的なところから、「吉」
と「忌」を鑑ています・・・「格付け」を重視してしまうと、例外
を考えることができないし、例外が出た時に、対処のしようが無い
からです。

何度も言うように、四柱推命とは、学問として成り立つことは不可
能ですし、それ故、確固たる理論を構築するのも不可能です・・・
ですから、ウチは、あんまりお堅い考え方ではなくて、柔軟で余裕
のある考え方を以って、鑑定することを大切にしています。

このブログでは、ただただウチが言いたい放題言ってるだけで、何か
特定の人や物や団体を攻撃しているワケではないので、関係者の人が
読んでましたら、どうか怒らないでくださいね(笑)

2011年1月28日 22時11分45秒 (Fri)

不安を煽る四柱推命・・・

「占い」というものは、洋の東西を問わず、はるか昔の人達が
編み出した、暮らしの知恵のようなものだと、ウチは思ってい
ます。

まだまだ何の技術も発達しなかった頃に、明日の天気を占った
り、雨乞いのために占いを使ってみたり、争いごとや戦争にも
占いは使われていたワケですね。

そのように、ちょっと先のこと、未来のことを予想するために、
「占い」は生まれたんです。 でも・・・それは、明るい未来を
見越してのことではないところに、現代まで続いている問題があ
ると感じています。。。

つまり、「占い」とは、このちょっとした先のこと、未来に、
何か悪いことが起こるという前提があるワケです。 飢饉が起こ
るんじゃないか、地震が来るんじゃないか、どこからか敵が攻め
てくるんじゃないか・・・人々のそういう「不安」を前提として、
じゃぁそれがいつ来るのか、いつ災いを避けたらよいのかを考え
る手段として、「占い」は生まれ、使われてきたんだと思います。

将来こんなことがしたい、こんな人と結婚したい・・・そういう
前向きな発想や夢が前提になっているワケではないのです。。。
とにかく何か問題が起こる前に備えておくという、予防線のよう
な考え方が、そこにはありますよね。 特に四柱推命は、そのよ
うな傾向が非常に強いです。。。

四柱推命を勉強し始めると、うんざりする程、悪いことしか教え
てもらえないでしょうし、本にもそんなことしか書いていないこ
とだと思います(笑) 例えば、通変が「劫財」や「傷官」や「
偏印」だと、そりゃもう、悪いことしか書いてないかもしれませ
ん(笑) もう五行の関係とか「吉神」・「忌神」の関係なんて
無意味なごとく、悪い表現しかしていないかもしれません(笑)

特にウチの命式なんて、その悪〜い「偏印」だらけですし、なん
と日柱には、最凶に悪〜い「偏官」があります(笑) 本に書い
てあることが本当であれば、ウチはとっくに死んでます(笑)

この星があるから、こんな悪いことが起こりやすいとか、人格に
問題があるとか、結婚できないとか・・・もう今は、そんな占い
をする時代ではありませんよね。。。 もともとは、不安を前提
として生まれたものであっても、どんなにいい加減な占いであっ
ても・・・何百年、何千年と経っているんです・・・進歩しましょ
う!!(笑)

ウチが今まで何度も言っているように、不安を煽る占いは、本当
にダメです!! 鑑定する意味さえ無いと思っています。。。
現代は、不安を前提として生きる時代ではありません。 天気予報
で天気は分かるし、突然戦争になる心配もそんなに無いでしょう・
・・天変地異が起こっても、昔のようにたくさんの人が餓死するこ
とも、少なくとも日本では無いでしょう。 不景気といったって、
大昔のように、一文無しが溢れ返ることなんてあり得ないでしょう。
こんなに恵まれた時代に生まれている、それだけで幸せであるはず
なのに、なんでわざわざ不安を作り上げて、大きくしていくのか、
ウチには意味が分かりません(笑)

現代の占いは、まず幸せありきが前提です・・・その幸せをこの先
いかにして大きくしていくか、更に幸せに生きるにはどうしたらよ
いかを占っていかないといけませんね。 もちろん、「忌神運」は、
誰しも必ず来ます・・・でも、それを大前提としてしまうと、次に
必ず来る「吉神運」について考えられなくなってしまいます!!

「悪しきを避け、良きを伸ばす」・・・人生は、幸せに向かって、
前向きでなければなりません!! 不安を前提にしてしまうと、
不安を取り除くことだけに全てを注ぎ込むことになってしまいま
す!! そんなことにムダな時間を使うのであれば・・・必ず来る
「吉神運」の時のために、今から準備するべきですよ!! そして、
そのお手伝いをするのが、鑑定者ですよ!!

ですから・・・悪いことばかり書いてある本や、不安ばかり煽る占い
師は、選ぶべきではないと、ウチは信じています。 苦しいことなん
て、ほんとに今だけなんですよ・・・ちょっとガマンして、ちょっと
待ってみれば、必ず楽しくて幸せな年がやってきます!!

2011年1月27日 22時24分16秒 (Thu)

心がけていること・・・

ウチは、この四柱推命で鑑定するにあたって、いろいろと心がけ
ているつもりです(笑) 鑑定方法もそうですし、解釈の仕方や、
見極めも、当たり前ですが、心がけていますよ。

でも、いちばんに心がけていることは、「依頼者様を不安にさせ
ない!!」ということです。 鑑定を申し込まれる依頼者様とい
うのは、必ず、何かしらの問題を抱えているから、申し込まれる
んですよね・・・先々のことが心配、結婚できるだろうか、なん
か悪いことばかり起こる・・・そもそもが、何かしらの不安を持っ
て、申し込まれているワケです。 

ウチの師匠の話になりますが(笑)、師匠は、かなりズケズケ言
うタイプの占い師でした(笑) 悪い運気だと判断すると、「悪
い!!」としか言いませんでしたし、結婚できそうにないと判断
すると、「絶対に結婚できない!!」と断言する人でした(笑)

まぁ、そういうキャラで売っていた部分もあるのですが・・・依
頼者様にもタイプがあってですね・・・深刻に受け止めてしまう
タイプの依頼者様だと、あんまり「今年は悪い!!」なんて強く
言われると、どん底に突き落とされたようなお顔になるワケです
ねぇ(苦笑)

ウチは、個人的に、そういう鑑定は嫌いなんですよね(笑) ウ
チは、とにかく「前向き」なスタンスで鑑定します。 運気が悪
い時というのは、「忌神運」の時と判断できますよね・・・この
先ず〜っと、その「忌神運」が続くワケはなくて、何年か後には、
必ず「吉(喜)神運」は来ます!! ということは、その来たる
べき「吉(喜)神運」のために、今できることを考えましょうよ
と言った方が、鑑定者と依頼者様が、一緒になって考えていくこ
とができますよね!

「今年は悪い!!」と断言してしまうと、会話としても、成り立
たなくなってしまいます・・・ウチは、依頼者様とのコミュニケ
ーションをいちばん大切にしていますので・・・断言するのでは
なく、必ず来る「吉(喜)神運」を示して、そこを目指して、今
何をするべきかを一緒に考えていくようにしています。

ウチは、それほど強烈なキャラで売っている占い師ではないので
・・・ウチの売りは、とにかく誠実、一緒に考えていく鑑定です
よっ!!(笑) 悪いなら悪いなりに、こうしていきましょうと
か・・・良い時期であれば、落ちる時のために、こう備えておき
ましょうとか・・・そういう会話を面白おかしくやっていくのが、
ウチの鑑定の特徴です。

不安を煽るだけなら、プロでなくとも、誰でも出来るワケです・
・・いちばん大切なのは、依頼者様の人生の運気をストップさせ
ないこと、そして、そのために一緒になって考えていくことだと
思っています。 最悪と思われる状況であればあるほど、そこで
頑張った分は、必ずその先の「吉(喜)神運」で花咲きます!! 
ウチ自身の今までの人生がそうでしたから・・・きっとそうです
!!

2011年1月26日 13時33分46秒 (Wed)

占いと宗教・・・

職業「占い師」と言うと、いろいろと勘違いされることがあり
ます。。。 大体、怪しげな目で見られますねぇ(笑) まぁ、
それだけ、詐欺師的な占い師が多すぎるということですね(苦笑)

いちばんよく勘違いされるのが、宗教との混同ですね。 どこか
に連れて行かれるんじゃないかとか、何かを売りつけられるんじゃ
ないか、この宗教に入りなさいと言われるんじゃないか・・・と
か。。。(笑)

宗教というのは、何か絶対者がいて、その絶対者に助けてもらおう
というのが、宗教ですね。 宗教の中で使われる占いにしても、
その絶対者にお伺いをたてるような占いです。 ですから、そこに
は、その絶対者に対する、「忠誠心」が必要になります。 いわゆ
る「信心」というものです。 

ウチの占いは、四柱推命です。 四柱推命には、全く絶対者なんて
存在しません。。。 存在するのは、曖昧な過去の統計だけです(笑)
もちろん、四柱推命の鑑定者も、絶対者ではありません!! 鑑定者
が出来ることは、命式を作って、それを判断するくらいなもんです。
ですから、宗教とは、程遠いものですよ・・・でも、なかなか理解
されないですねぇ(笑) ウチのお嫁ちゃまでさえ、いまだに、宗教っ
ぽいものだと思ってますから(笑)

もちろんウチは、自分の鑑定に、ある程度の自信は持ってますよ・・・
商売にするくらいですから、当たり前なんですけど。 ただし、だか
らといって、ウチの鑑定結果を信じなさいとか、運を良くするために、
ウチを信じなさいとかどうこうしなさいなんて、絶対に言いません
よっ!!(笑)

それから・・・ウチは、運気が悪いからといって、印鑑を買いなさい
とか、石を買いなさいとか・・・そういう、何かを売りつけるような
こともしていません!!(笑) ウチは、四柱推命以外の商売はして
いませんし、鑑定料以外の料金を請求することもありません!!(笑)

それでもやっぱり、誤解されるということは、いかにそういう占い師
が世の中にいるかということなんですよねぇ。。。 そりゃまぁ、占い
一本で商売をやっていくというのは、至難の業だとは思うのですが・・
・だからといって、依頼者様に対して、無責任なことを言ったり、余計
な不安を煽ったり、騙したりするのはどうかと思います。

職業「占い師」であるならば・・・占い一本で、勝負するべきです!!
ウチの事業方針として・・・「占い師」は、「裏無い師」であるべき
という考えのもとで、鑑定をしています!! 占いの看板を揚げている
限りは、占い以外の商売はしない!! 裏表のある鑑定もしない!!
占い師は、裏の無い鑑定をするべきです!! ウチは、四柱推命一本で、
誠実な鑑定のみで、勝負しております!!(笑)

ですから、依頼者様も、「良い占い師」を探すのではなくて、「裏の
無い占い師・・・裏無い師」を探すべきですよ!!(笑) そうする
ことで、変なものを買わされたり、騙されたりすることは無いと思い
ますよ。

最後に・・・上に書いたことは、「裏のある」占い師批判であって、
宗教や他の商売を批判したものではありませんので、ご理解くださ
いねっ。

2011年1月24日 18時29分10秒 (Mon)

鑑定とカウンセリング・・・

ウチは、占い師ですので、様々な相談を受けます・・・恋愛や結婚、
はたまた重〜い人生相談まで。。。 ただウチは、相談を受けたか
らと言って、「あ〜しなさい」とか「こ〜しなさい」なんてことは、
絶対に言いませんねぇ(苦笑) アドバイスはしますけれども、行
動に移していくのは、依頼者様ですから・・・それにウチは、人に
指導出来るほど偉くもないですし、そこまでの責任も持てません。
今抱えている悩みや問題について、一緒に考えていきましょう!と
いうのが、ウチの鑑定のポリシーです!! ウチが依頼者様に代わっ
て、解決していくワケではありませんよ(笑)

鑑定も相談業務という範疇に入ると思うのですが・・・この相談業務
と同等の意味で、「カウンセリング」という言葉がありますね。 ウ
チは、鑑定とカウンセリングは、全く別物だと思っています。

カウンセリングというのは、きちんとした「資格」を持った人が行な
う、相談業務のことです。 臨床心理士、精神保健福祉士、社会福祉
士という、相談業務を医療や行政で行なう時に使われるのが、カウン
セリングと呼ばれるのです。 そこには、あらゆる責任が生じます。
相談者の問題解決に向けて、カウンセリングを通して、医療スタッフ、
行政の職員が動くワケです。 ですから、占いで受ける相談どころの
レベルではありませんし、病院や自治体が動くのですから、そりゃも
う、本格的ですし、責任重大です。

占いの鑑定でも、相談は受けますが、カウンセリングほどの責任なん
て、占い師は負えるはずもありません(笑) ましてや、あらゆる問
題解決に向けて対応出来るプロフェッショナルでもありません!!
ですからウチは、鑑定のことをカウンセリングとは表現しません。。。
「カウンセリング」という言葉を使えるのは、確固たる資格を持った
医療従事者と行政職員のみだと思っているからです。

ウチは、四柱推命を使って、この先の人生における、良い時期と悪い
時期を判断することしか出来ません・・・ですから、本当のカウンセ
リングを受けたいという方は、心理士などへ相談されることをお勧め
します。 

占い師ごときが、「カウンセリング」なんていう重い言葉を軽々しく
使うものではないと、ウチはそう思っています。 ウチは、個人的に、
社会福祉と精神保健福祉の勉強も現在進行形で続けているのですが、
勉強すればするほど、そのように感じるのです。

四柱推命で分かることは、先々の「吉」と「忌」のみと言って過言で
はありません・・・何かを解決するために存在しているワケではない
のです。。。 四柱推命の存在意義とは・・・「悪しきを避け、良き
を伸ばす」・・・そのためにどうするかを考えるために存在するので
す。 ですから、占い師の鑑定とカウンセリングは、全く意味の異な
る別の物であるとご理解頂きたいと思います。


アクセス数
ページビュー数

ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

プロフィール

プロフィール画像
ニックネーム
池山鶴晋
(イケヤマ カクシン)

ニックネームというか・・・占い師
ネームですね(笑) 全然意味は、
ありません(笑) 適当につけてみ
ました・・・字画なんかも、良いの
か悪いのか、さっぱり。。。(苦笑)
性別
男っスよ!!
血液型
A型です。
生年月日
昭和47年1月23日
とうとう、40代突入です♪
現住所
福岡県田川郡香春町大字中津原
1681−1

TEL:080-2732-0879
鑑定場所
・自宅
・依頼者様宅(出張鑑定)
・依頼者様ご指定場所(出張鑑定)

その他、郵送鑑定も行なっております♪
営業時間
9:00〜22:00
(不定休)
自己紹介
約20年前に、以前から知り合い
だった、おばぁちゃん先生に師事
し、四柱推命を学びました。 と
ころが・・・学んでる途中で、お
ばぁちゃん先生、突然のリタイア
&急逝!!! 仕方がないので、
おばぁちゃん先生が遺した資料な
んかを使って、地道にお勉強。。。
結果、おばぁちゃん先生とは、見事
に全く違った鑑定方法にっ!! 
でもまぁ、基礎は同じですから(笑)

楽しい鑑定を基本に、会話を楽しみ
ながら・・・んでも、吉忌の定めは
正確に・・・そして、一緒に今後に
ついて考えていこうというスタンス
です。 一方的な鑑定、説教じみた
お話、偉そうな占い師じみた態度は、
性格上できませんので、フレンドリー
な対応で、頑張ってます(笑)
QRコード
携帯用QRコード